いくら技術力が高く会社では仕事が出来るエンジニアだったとしても、その人がフリーランスになって必ず成功するという保証はありません。人によってはフリーランスにならない方がいい人もいるものです。それはフリーランスとなって働くにはいくつかのデメリットがあるからです。

会社に勤務してエンジニアとして働いている場合には、エンジニアとしての仕事に没頭することが出来ますが、フリーランスとなるとそうはいきません。自分で営業活動を行い仕事を獲得し、さらに経理や事務作業なども全て行わなければいけません

エンジニアの中には、無口で仕事にひたすら没頭するタイプの人もいますが、無口なままでは営業活動を行うこともできません。

マネージメント能力もなければフリーランスとして仕事をしていくことが出来ません。いくら技術力が高くても、仕事を貰ってくることが出来なければ収入を得ることが出来ませんし、収入を得ればそれに関する雑務も必要になってきます

スキルアップのために自ら積極的に勉強会などに参加することも必要です。このようなことが出来なければ、フリーエンジニアとして独立することは出来ないかもしれません。